アイルランド留学と貿易のニチアイブログ

アイルランドで留学と貿易を続けて20年あまり、ニチアイの現地在住スタッフがコーク市からお届けする、アイルランド情報ブログ。 現地在住エージェントならではのニュースを発信します。

2009-06

★ ニチアイについて ★
  ニチアイは、アイルランドに本社を置く留学・貿易を扱う会社です。留学部門では特色ある語学学校と提携、アイルランド留学ワーキングホリデーイギリス留学マルタ留学を扱い、日本での説明会も行っています。貿易分門では年末ギフトとしてアイルランド特産のスモークサーモンを毎年日本にお届けし、好評を得ています。そんなニチアイのホームページはこちら

この世の終わり

アイルランド人は、極端に言うと、どんな所にでも平気で旅をし、時には移民もしてしまうというタイプの人と、自分の村から一生外に出ないタイプの人とに分かれるのだそうです。まあ、勿論極端なたとえですし、今の時代にこんな事を言っても笑われるだけでしょうが。言ってみれば、遊牧型と土着農耕型とに分かれるとでもいうのでしょうか。

その、自分の村から一歩も出なかったタイプの人にとっては、自分の住んでいる村の果てが、その人にとってのこの世の果てなわけです。というわけで、アイルランドのいくつかの町や村には、今も、Worldsend という地名が存在します。World's End という普通名詞がそのまま地名になったと思われ、ワールズエンドと発音します。勿論、その村の中心ではなく、はずれにあります。

ここは、アイルランド最長の川であるシャノン川の下流にある、キャッスルコネルという村で、その村の中心から川に沿って上流にあがっていき、道が終わる所の風景です。まあ何とものんびりして長閑な所なのですが、このあたり一帯の地名が、Worldsend です。

Worldsend Castleconnell

「この世の終わり」などと訳すと、地獄絵のような風景を想像するかもしれませんが、アイルランドの「この世の終わり」は、ほのぼのと長閑で平和な所です。これ以上先に行っても何もないから、道もここで終わり、という、それだけの所です。天気が良い日は、地元の人が犬を連れて散歩していたりします。

ここキャッスルコネルの村は、第三の都市リムリックの街から近いのです。リムリック大学からだとさらに近いので、大学の教授などが結構好んで住んでいる村なのです。シャノン川に沿った高級住宅地というイメージもあり、裕福な村でもあります。昔は Worldsend への入口にあるパブより奥には、家はありませんでした。しかし近年、川からちょっと内陸に入ったあたりに、新興住宅がいくらかできました。そのあたりの住所は「Worldsend, Castleconnell, Co. Limerick, Ireland」です。Worldsend の何番地という数字はありません。アイルランドは、よほど家の数が増えてこないと、いちいち数字で番地をつけないので、恐らく今では、この住所を持っている人が、20?30世帯ぐらいはあるのではないでしょうか。

鵜飼

テーマ:アイルランド - ジャンル:海外情報

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

未分類・その他 (12)
アイルランドの食事と飲み物 (55)
アイルランドの交通 (25)
アイルランドの社会 (38)
アイルランドの生活 (79)
アイルランドの物産 (9)
アイルランドの旅行と風景 (69)
アイルランドのイベント (16)
アイルランドの英語と留学 (31)
アイルランドの気候 (27)
キプロス留学 (1)
ニチアイについて (3)
留学説明会 (5)
マルタ留学 (2)
留学一般 (4)
イギリス社会 (1)
イギリス留学 (1)
社会・時事 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

Nichiai

Author:Nichiai
アイルランド留学と貿易のニチアイブログへようこそ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

参加中。記事が面白かったらぽちっと押してやってくださいね。

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード