アイルランド留学と貿易のニチアイブログ

アイルランドで留学と貿易を続けて十数年、ニチアイの現地在住スタッフがコーク市からお届けする、アイルランド情報ブログ。 現地在住エージェントならではのニュースを発信します。

2010-11

★ ニチアイについて ★
  ニチアイは、アイルランドに本社を置く留学・貿易を扱う会社です。留学部門では特色ある語学学校と提携、アイルランド留学ワーキングホリデーイギリス留学マルタ留学を扱い、日本での説明会も行っています。貿易分門では年末ギフトとしてアイルランド特産のスモークサーモンを毎年日本にお届けし、好評を得ています。そんなニチアイのホームページはこちら
★ 最新ニュース ★
①アイルランドであなたのパソコンが簡単に繋がる!インターネット・モデムレンタル好評実施中
②留学やワーキングホリデーでのアイルランド到着のスタート、ダブリン空港到着時は、日本人による送迎サービスをご利用下さい。短期宿泊も可能です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋色

11月といえば紅葉のシーズンです。日本人は本当に、梅や桜に始まって紅葉まで、自然の色を見に出かけますね。

これは、実は京都で・・・というのは嘘で、中国は蘇州の秋・・・

St Stephen's Green


というのも、こんなものなのかな、と、そこを詳しく知らない人なら信じてしまうかもしれませんが、これはダブリンのセント・スティーヴンズ・グリーンの11月上旬です。この季節のアイルランドらしく、カラッと晴れず、雨がしばしば降るので、路面がぬれていて、それがある意味、こんな日本的情緒をも醸し出してくれるのかもしれません。でも向こうの石の橋は、やはり日本とはちょっと違います。しかし小さく写せばあまりわからないかも。

アイルランドは、一日の気温差が大きい割に、夏と冬の気温差が小さいので、こういう所では残念ながら、鮮やかな色の紅葉は期待できません。それでもダブリン都心のビジネス街に、こんな綺麗な公園があり、ここでアイルランドなりの四季を感じることはできます。町歩きに疲れたらちょっと立ち寄りたい、ダブリンを代表する都心の都市公園です。

鵜飼

スポンサーサイト

テーマ:アイルランド - ジャンル:海外情報

日本から持ってきて便利だったもの

アイルランドに来て生活をしていると時折、
『あぁ、不便だなぁ』
と感じることがあります。

新しい文化や土地での生活の中では、
『日本でしか手に入らないもの』
が、だんだんと見えてきます。

私が気がついた、
『日本から持ってきて便利だったもの』
を紹介します。

・健康サンダル
   普通のスリッパはもちろん、こちらにもありますが、
   やはりスリッパは「健康サンダル」がピカイチですね!


・文房具
   日本の文房具は、おそらく種類が世界一豊富なのではないかと思います。
   ペン先の太さから、色の種類、デザインなどなど・・・。
   残念ながら、こちらにはあまり気の利いた文房具はありません。
   個人的に、持ってきて便利だったものが、インクの詰め替えができるペン。
   こちらは、分解できるペンが少なく、インクがなくなれば捨てる、使い捨てペンがほとんどです。
   
   それから、日本のカッターナイフ。
   切れ味が悪くなると、上からひとつずつ刃を「パキッ」と折るカッター。
   これ、実は考案者は日本人だそうですね。
   とても重宝しています。


・調味料
   こちらにも、アジア系食品を売る店がありますが、
   やはり味が違います。
   しょうゆはやはり、「日本のしょうゆ」ですね!
   ごま油も、こちらで安いものがありますが、風味が全然ちがいます。


・・・と、いろいろ「アイルランドにも、これがあったらいいなー・・・。」
と思うものがありますが、
意外と人間、タフな生き物ですので、
なければないで済んでしまうのが実際のところです。

というわけで、これから留学をしようと思っているみなさん、
是非参考にしてくださいね!

多良岡

ハロウィンの日の光景

日本でもここ数年、急に認知度が高まったハロウィーン。クリスマス、ヴァレンタインデーに次いで、お菓子メーカーなどの商機拡大といった商業色の強さがあるのは否定できませんが、まあ、異文化を何でもすんなり受け入れる日本らしいとも言えましょうか。

そのハロウィーンは、日本ではアメリカから伝わったと思っている人が多いようですし、実際のルートとしてはそうかもしれませんが、この祭りはアイルランドが発祥だとされています。ケルトとキリスト教とに由来するので、まさにアイルランドなんですが、実際、アイルランドではこの時期、小学校から高校までが秋休みとなり、ハロウィーンを祝います。ハロウィーン休暇などとも呼ばれます。また、アイルランドでは、10月最後の月曜が祝日で、これをハロウィーン・バンクホリデーとも呼びます。しかし本来のハロウィーンの日は、10月の最後の日、31日です。

その10月31日は、今年は日曜でした。日曜の朝で、しかも雨ともあれば、田舎の村はひっそりしていて、人影もありません。ここは、リーシュ州のダロウという小さな村。そこに小さな保育園があって、その窓がこのように飾られていました。

ハロウィーン

先生と子供たちとで作った素朴な、という感じのディスプレーは、心なごみます。しかし小さな村なので、すぐ隣にパブもあって、土曜の晩に飲んで騒いだんでしょうか、そのままビールのグラスがこんな所に残っていて、けしからんような、まあこれもアイルランドらしいような・・・

一歩入った所の民家。田舎だから広い敷地です。門にこうしてカボチャを飾っています。

ハロウィーン

カボチャで作るこの提灯のような飾りは、ジャック・ランターンとか呼ばれるようで、ハロウィーンの象徴のような存在。ハロウィーンの前にはスーパーでもこのオレンジ色のカボチャが沢山売られていました。

こんな静かな田舎の村で、こういったものを一体何人の人が見るのかとも思いますが、別に見せ物でもないわけで、毎年こうやって素朴に祝ってきているのでしょう。素朴な信仰が今に伝わっているんだなあと実感するひとときでした。

鵜飼

テーマ:アイルランド - ジャンル:海外情報

 | ホーム | 

FC2Ad

最新記事

カテゴリ

未分類・その他 (10)
アイルランドの食事と飲み物 (53)
アイルランドの交通 (23)
アイルランドの社会 (37)
アイルランドの生活 (79)
アイルランドの物産 (8)
アイルランドの旅行と風景 (69)
アイルランドのイベント (16)
アイルランドの英語と留学 (15)
アイルランドの気候 (27)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

Nichiai

Author:Nichiai
アイルランド留学と貿易のニチアイブログへようこそ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

参加中。記事が面白かったらぽちっと押してやってくださいね。

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。