アイルランド留学と貿易のニチアイブログ

アイルランドで留学と貿易を続けて20年あまり、ニチアイの現地在住スタッフがコーク市からお届けする、アイルランド情報ブログ。 現地在住エージェントならではのニュースを発信します。

2018-12

★ ニチアイについて ★
  ニチアイは、アイルランドに本社を置く留学・貿易を扱う会社です。留学部門では特色ある語学学校と提携、アイルランド留学ワーキングホリデーイギリス留学マルタ留学を扱い、日本での説明会も行っています。貿易分門では年末ギフトとしてアイルランド特産のスモークサーモンを毎年日本にお届けし、好評を得ています。そんなニチアイのホームページはこちら

アイルランドで入国拒否!!

統計によりますと、2017年の1年間にダブリン空港の入国審査で入国拒否をされた人は、合計3558人。ほぼ1日あたり10名ということになります。国籍別の上位20位はこの表のとおりです。日本国籍者は2名だったということです。ダブリン空港以外の入国ポイントでのデータは含まれておらず、また一旦入国した後の強制退去者も含まれていません。

2017年ダブリン空港入国拒否国籍別上位20

ダブリンの学校が倒産

 ダブリンで語学学校が事実上、倒産で閉鎖されました。グラフトン・カレッジという学校です。
www.graftoncollege.ie/
 ニチアイはこことは提携していませんでしたが、沢山あるダブリンの未提携校の中では、割と良さそうな学校かも、と目はつけていました。
 アイルランド、特にダブリンで、計画倒産を含む倒産や閉校が相次いで社会問題にまでなったのが2014年。それ以来、政府も対策を強化してきましたが、今のダブリンの状況は、とにかく地価の高騰が著しく、語学学校の運営環境は厳しくなっています。にもかかわらず、格安校が乱立し、それらの価格競争になっています。ブラジル人をはじめとするいくつかの国から半分アルバイト目的の学生が大挙して押し寄せているため、格安でも夏も冬も教室を満員にすれば、学校は儲かります。しかしその競争から脱落してしまうと、良い学校でも潰れるリスクが高まっているわけです。
 景気が良くなると家賃が上がり、良心的な小規模校の運営が難しくなります。古くは2004年にコークのイエス、2006年にゴールウェイのイングリッシュ・イン・ゴールウェイなど、人気の小規模校でしたが、おりからの好景気で家賃が大幅に上がるタイミングで、閉校してしまいました。
 学校選びの段階で倒産しそうな学校かどうか、なんて心配しても仕方ないし、調べようとしてもなかなかわかりません。ロンドンなどでも、誰もが驚く突然の優良校の倒産などもありました。それでも現地エージェントである分、いくらか情報は入ってきています。格安というだけで安易に飛びつかず、当社へご相談下さい。

 | ホーム | 

FC2Ad

最新記事

カテゴリ

未分類・その他 (12)
アイルランドの食事と飲み物 (54)
アイルランドの交通 (24)
アイルランドの社会 (38)
アイルランドの生活 (79)
アイルランドの物産 (8)
アイルランドの旅行と風景 (69)
アイルランドのイベント (16)
アイルランドの英語と留学 (31)
アイルランドの気候 (27)
キプロス留学 (1)
ニチアイについて (1)
留学説明会 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

Nichiai

Author:Nichiai
アイルランド留学と貿易のニチアイブログへようこそ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

参加中。記事が面白かったらぽちっと押してやってくださいね。

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード