アイルランド留学と貿易のニチアイブログ

アイルランドで留学と貿易を続けて20年あまり、ニチアイの現地在住スタッフがコーク市からお届けする、アイルランド情報ブログ。 現地在住エージェントならではのニュースを発信します。

2024-04

★ ニチアイについて ★
  ニチアイは、アイルランドに本社を置く留学・貿易を扱う会社です。留学部門では特色ある語学学校と提携、アイルランド留学ワーキングホリデーイギリス留学マルタ留学を扱い、日本での説明会も行っています。貿易分門では年末ギフトとしてアイルランド特産のスモークサーモンを毎年日本にお届けし、好評を得ています。そんなニチアイのホームページはこちら

格安航空会社の横綱・ライアンエアの誇大広告

日本でもLCC(ローコストキャリアの略号)、つまり格安航空会社の誘致が、地方空港活性化などとの絡みで重要課題になりつつある今日このごろですが、欧州はここ十数年ほど、格安航空会社の台頭が著しく、伝統ある各国のナショナルフラッグキャリアを大いに脅かしてきています。つられて大手も運賃が下がったし、消費者の観点からは歓迎する面も多いのですが、当然色々な問題もあります。

今やヨーロッパの人なら誰でも知っている、LCCの横綱は、ライアンエア(Ryanair)でしょう。ロンドンなら、ヒースローには入れてもらえず、スタンステッドなどの郊外の空港をハブにして、その分、安さを武器に恐るべき勢いで成長してきた航空会社です。ライアンという名前が示すように、もともとアイルランドの会社で、今も本社はダブリンです。ライアンというのは、映画「ライアンの娘」などで名前をご存じの方もいらっしゃるでしょうが、アイルランドの姓の一つで、ティぺラリーとかそのあたりに多く分布しています。ティぺラリーでは、石を投げればライアンさんに当たります。

ライアンエア運が良いと税込1万円未満で1000キロも離れたヨーロッパ大陸を往復できたりするので、日本の格安なんか話にならないぐらい、本当の格安なのですが、もちろん、常に安いわけではなく、空席が多いと値下げをして、空気を運ぶぐらいならただ同然で乗せてやると割り切って、搭乗率をあげているわけです。空席が少なくなれば、やはり高くなります。ですので、こういう言い方は何ですが、暇があって、いつでもネットでチェックしながら、安いチケットがあればどこか行こうか、なんて人であれば、安く沢山旅行ができて、非常にありがたい存在です。しかし、決まった日にビジネスで使おうとすると、やはり使いづらいことが多いのも現実です。私の場合、乗る機会はめったにありません。具体的に言うと、コークからロンドンへ行く場合、確かに飛行機代はエアリンガスよりライアンエアの方がちょっと安いことが多いですが、エアリンガスなら便利なヒースローに着くのに対して、ライアンエアはスタンステッドかガトウィックなので、ロンドンの中心部へ行くには、空港から市内までの時間とお金がかかります。それを考えると、結局は、エアリンガスの方が使いやすく、私の場合は、ロンドンとコークの間では、5回のうち4回まではエアリンガスです。選んでいるのではなく、結果的にそうなっています。

ですがこのたび、久々にライアンエアでロンドンを往復してきました。エアリンガスとの差が50ユーロぐらいあったので、イギリス国内の交通費を入れても、こちらの方が少し安いというのが理由でした。久しぶりに使ったら、オンライン・チェックインだとか、格安のシステムがますます進化していて、乗客も皆、それに当然のように順応していて、本当に大したものだと思いました。お客様が神様の日本では、ここまで徹底するのは無理だろうなあ、とも思ってしまった次第。

徹底的にコストを省いているはずでも、結構立派な機内誌があります。もとよりほとんど広告で成り立っているのでしょうが、持ち帰りも可です。持ち帰ったのは、その中に気になる記事というか宣伝があったからで、それがこれなんです。ライアンエアは、欧州の他の航空会社と比べて、もっとも遅れが少なく、また荷物がなくなる確率が群を抜いて低い、というデータです。ルフトハンザ、ブリティシュエア、エールフランス、といった大手より上に来ているわけで、格安でもすごいんだなあ、と、ますます感心してしまいそうですが、ちょっと待って下さい。これは、私に言わせると完全な誇大広告。

ライアンエアは、point to point エアラインです。これの意味は、二地点を結んで人を運ぶ航空会社だ、ということです。そんなの他も一緒じゃないと思うかもしれませんが、ライアンエアの、これの意味は、乗り継ぎの扱いを一切しないということなのです。他社との間は言うまでもなく、たとえ同じライアンエア同士の乗り継ぎであっても、乗り継ぎに関するサービスは一切してくれません。荷物もいったん引き取ってまた預け直さないといけませんし、一方が遅れても、接続待ちはしません。ライアンエアが遅れたせいで、乗り継ぎの別のライアンエアに乗り継げなかったとしても、ライアンエアは一切責任を持ちません。格安なので、乗り遅れた航空券はもう紙屑です。欠航した場合は、払った運賃を払い戻すけど、それ以上の責任は一切負いません。いかなる状況でも、ホテルの手配など、一切しません。これが格安成立の原理です。乗客も、それを承知で、安いからと割り切って使っています。

ということで、おわかりでしょう。ライアンエアが、他社よりも、遅れが少ないのは、他の便の遅れの接続待ちを一切する必要がないからです。ライアンエアに預けた荷物がなくなりにくいのは、これも荷物の乗り継ぎが一切ないからです。そもそも荷物の紛失などは、ほとんど乗り継ぎの時に起こるのだと思います。逆に、乗り継ぎも一切ないのに、どうしてなくなるの、と思いませんか?なくなる率が群を抜いて低いのは、当たり前だと思います。

という具合に、格安航空会社の宣伝には、多分に誇張が含まれているのですが、それでもなお、安いことが何より有難いという多くの利用者に支えられて、ライアンエアはこの不況の時代でも、高搭乗率を果たしていて、行きはほぼ満席、帰りも8割以上は埋まっていました。

鵜飼

テーマ:アイルランド - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ireland32.blog63.fc2.com/tb.php/155-b04a6446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

未分類・その他 (12)
アイルランドの食事と飲み物 (55)
アイルランドの交通 (25)
アイルランドの社会 (38)
アイルランドの生活 (79)
アイルランドの物産 (9)
アイルランドの旅行と風景 (69)
アイルランドのイベント (16)
アイルランドの英語と留学 (31)
アイルランドの気候 (27)
キプロス留学 (1)
ニチアイについて (3)
留学説明会 (5)
マルタ留学 (2)
留学一般 (4)
イギリス社会 (1)
イギリス留学 (1)
社会・時事 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

Nichiai

Author:Nichiai
アイルランド留学と貿易のニチアイブログへようこそ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

参加中。記事が面白かったらぽちっと押してやってくださいね。

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード