アイルランド留学と貿易のニチアイブログ

アイルランドで留学と貿易を続けて20年あまり、ニチアイの現地在住スタッフがコーク市からお届けする、アイルランド情報ブログ。 現地在住エージェントならではのニュースを発信します。

2024-04

★ ニチアイについて ★
  ニチアイは、アイルランドに本社を置く留学・貿易を扱う会社です。留学部門では特色ある語学学校と提携、アイルランド留学ワーキングホリデーイギリス留学マルタ留学を扱い、日本での説明会も行っています。貿易分門では年末ギフトとしてアイルランド特産のスモークサーモンを毎年日本にお届けし、好評を得ています。そんなニチアイのホームページはこちら

スープとチャウダー

アイルランドはこのところ、一気に夏から冬、というと大げさですが、すっかり寒くなりました。もともと、一年を通じて晴れから雨までが毎日繰り返される国で、その割には夏と冬の温度差が小さいので、日本のような明確な四季の変化はないのですが、それでも、一雨ごとに秋らしくなっていくというような感じを持つことはあります。しかし今年は、夏が割と良く、9月中旬ぐらいまで続いていたためでしょうか、突然寒くなって冬っぽい気候になったという感じです。

寒くなると、当たり前ですが、温かいものがおいしくなります。日本と比べると、安くて手頃な外食メニューのバリエーションが今ひとつ豊富ではないアイルランドなのですが、昼食を出すパブに入ると結構な確率でメニューにあって、しかもはずれが少ないのは、スープです。ただ、スープは前菜と一緒で、これだけでは食事としては不十分。とはいえ、寒い季節にパブに入って暖かいスープを頼むのは、アイルランドの旅の一つのシーンでしょう。

スープ


量的にこれだけでは食事にはならない、とはいえ、軽食程度にはなるのが、パブのスープ・メニュー。なぜかというと、ほぼ必ず、このように、パンがついてくるからです。ここについてくるパンは、大体がアイルランド名物のブラウンブレッドか、ソーダブレッドで、店によっては手作りのオリジナル。ですので味も微妙に違って、なかなか味わえます。このパンのおかげで、一応、スープだけでも何か食べた気にはなります。朝食が重いフル・アイリッシュ・ブレックファーストだった時などは、昼はなかなかおなかがすかないので、スープだけで十分かもしれません。足りない時は、プラス、サンドイッチにするか、チップスを頼むか、といったところでしょうか。

スープとともに、シーフード・チャウダーがあるパブもあります。このシーフード・チャウダーが、また店によって味も量も具も、千差万別。やはりパンがついてきますので、量が多くておいしい所に当たると、結構な食事代わりになります。シーフード・チャウダーは、やはり海辺の町のパブに多く、中には本格的なシーフードレストランに近いようなパブもありますが、そうではなく、サンドイッチぐらいしか出さないパブでも置いてあったりします。ポテトや野菜でかなりごまかしていて、シーフードの量が少ないものもありますが、店によっては、これでもか、というぐらいに、エビ、タラやマッセルなどが入っていて、日本人には嬉しいメニューです。スープより1?2ユーロほど高いことが多いのが普通で、それがシーフードの具の分の値段かなと思います。

素朴ながら、味わい深く、店によって個性もあるスープとチャウダーは、冬の旅でのパブメニューの定番の一つでしょう。

鵜飼

テーマ:アイルランド - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ireland32.blog63.fc2.com/tb.php/227-2618586f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

未分類・その他 (12)
アイルランドの食事と飲み物 (55)
アイルランドの交通 (25)
アイルランドの社会 (38)
アイルランドの生活 (79)
アイルランドの物産 (9)
アイルランドの旅行と風景 (69)
アイルランドのイベント (16)
アイルランドの英語と留学 (31)
アイルランドの気候 (27)
キプロス留学 (1)
ニチアイについて (3)
留学説明会 (5)
マルタ留学 (2)
留学一般 (4)
イギリス社会 (1)
イギリス留学 (1)
社会・時事 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

Nichiai

Author:Nichiai
アイルランド留学と貿易のニチアイブログへようこそ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

参加中。記事が面白かったらぽちっと押してやってくださいね。

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード