アイルランド留学と貿易のニチアイブログ

アイルランドで留学と貿易を続けて20年あまり、ニチアイの現地在住スタッフがコーク市からお届けする、アイルランド情報ブログ。 現地在住エージェントならではのニュースを発信します。

2019-10

★ ニチアイについて ★
  ニチアイは、アイルランドに本社を置く留学・貿易を扱う会社です。留学部門では特色ある語学学校と提携、アイルランド留学ワーキングホリデーイギリス留学マルタ留学を扱い、日本での説明会も行っています。貿易分門では年末ギフトとしてアイルランド特産のスモークサーモンを毎年日本にお届けし、好評を得ています。そんなニチアイのホームページはこちら

2ユーロショップ

2ユーロショップ日本に100円ショップがあるように、イギリスには1ポンドで何でも買える、Pound Shop があります。しかしアイルランドには、1ユーロショップはあまりありません。多いのは2ユーロショップです。これは何故でしょう?

ユーロ導入前は、ドイツにドイツマルクが、フランスにフレンチフランがあり、アイルランドにもアイリッシュポンドがありました。イギリスのポンドとは別通貨でした。それがユーロに変わる時、1アイリッシュポンドは、約1.27ユーロで固定されました。

この、1.27という数字、つまり、1ユーロは1アイリッシュポンドよりも価値が低い、という点が問題です。

ユーロ導入前、アイルランドにも、イギリス同様、1アイリッシュポンドで買える、Pound Shop が沢山ありました。ユーロ導入に際し、1アイリッシュポンドで売っていたものを、そのまま換算すると、1.27ユーロになってしまいます。しかし、1.27ユーロショップでは話になりません。かといって、1.27ユーロ相当で売っていたものを、1ユーロで売っては、商売としては赤字でしょう。

かくして、ユーロ導入時、1ユーロショップではなく、2ユーロショップが沢山誕生しました。もし、1ポンドで売っていたものをそのまま2ユーロにしたのなら、ものすごい値上げですね。多分、商品構成などを変えたり色々したのだと思いますが、そうは言っても、安い方にはできなかったということのようです。

そういった経緯があるためでしょうか、イギリスには完全に全てのものを£1で売っているという徹底した店がありますが、アイルランドの2ユーロショップは、2ユーロ以外のものも、例えば3ユーロや5ユーロのものも売っていたりします。しかし、時間が経つに連れ、2ユーロに統一されてきた感じはあります。

鵜飼

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ireland32.blog63.fc2.com/tb.php/264-7f8316d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

未分類・その他 (12)
アイルランドの食事と飲み物 (54)
アイルランドの交通 (25)
アイルランドの社会 (38)
アイルランドの生活 (79)
アイルランドの物産 (9)
アイルランドの旅行と風景 (69)
アイルランドのイベント (16)
アイルランドの英語と留学 (31)
アイルランドの気候 (27)
キプロス留学 (1)
ニチアイについて (1)
留学説明会 (3)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

Nichiai

Author:Nichiai
アイルランド留学と貿易のニチアイブログへようこそ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

参加中。記事が面白かったらぽちっと押してやってくださいね。

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード