アイルランド留学と貿易のニチアイブログ

アイルランドで留学と貿易を続けて20年あまり、ニチアイの現地在住スタッフがコーク市からお届けする、アイルランド情報ブログ。 現地在住エージェントならではのニュースを発信します。

2024-04

★ ニチアイについて ★
  ニチアイは、アイルランドに本社を置く留学・貿易を扱う会社です。留学部門では特色ある語学学校と提携、アイルランド留学ワーキングホリデーイギリス留学マルタ留学を扱い、日本での説明会も行っています。貿易分門では年末ギフトとしてアイルランド特産のスモークサーモンを毎年日本にお届けし、好評を得ています。そんなニチアイのホームページはこちら

ジョージアン・リムリック

アイルランドで一番、不人気な都市は、リムリックでしょう。誤解や偏見に満ちたものも多いとはいえ、悪く言われることが多い街であるのは事実です。

けれどもリムリックは歴史も古い産業都市であり、実は見どころも多いのです。それら観光ガイドは別の機会に譲るとして、リムリックの街を歩いていて目立つものの一つが、ジョージアン・ビルディングです。

ジョージアンというのは、18世紀から19世紀にかけて、英国ジョージ王がアイルランドを含む大英帝国を支配した時代のことであり、ジョージアン・ビルディング(ジョージア調建築)というのは、簡単に言えば、その時代に建てられた建築スタイルです。

ジョージアンな建物は、特にそのドアがユニークなことで、絵葉書やポスターにもなるぐらいですが、そのほとんどがダブリンで撮られたものです。確かにダブリンは、ジョージアン・ビルディングが壮大に建ち並んだ街で、語学学校も、ジョージアンビルが校舎だったりします。そういう所で勉強すると、アイルランドに留学しているんだという気持ちが盛り上がってきて、それはそれでいいものです。

首都ダブリンに次いで、ジョージアン・ビルディングが多いのは、リムリックでしょう。逆に、コーク、ゴールウェイ、ウォーターフォードといった他の都市や、北アイルランドでは、さほど見応えのあるジョージアン・ビルディング群はありません。しかしリムリックはちょっと街を歩けば、このように、ここかしこに昔から変わらず残っており、今もオフィスビルなどとして現役です。

ジョージアン・リムリック

ほとんどがレンガ色の建物なので、重厚です。しかし反面、重苦しく感じるかもしれません。リムリックを訪れた時の印象が、どこか暗くて憂愁を帯びた感じがするとすれば、一つはこれのせいかもしれません。しかしそれだけに、明るく派手な街とは違う、渋い味があります。そのあたりを一度じっくりと歩いてみれば、リムリックの魅力を再発見できるでしょう。

鵜飼

テーマ:アイルランド - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ireland32.blog63.fc2.com/tb.php/276-63c9ef3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

未分類・その他 (12)
アイルランドの食事と飲み物 (55)
アイルランドの交通 (25)
アイルランドの社会 (38)
アイルランドの生活 (79)
アイルランドの物産 (9)
アイルランドの旅行と風景 (69)
アイルランドのイベント (16)
アイルランドの英語と留学 (31)
アイルランドの気候 (27)
キプロス留学 (1)
ニチアイについて (3)
留学説明会 (5)
マルタ留学 (2)
留学一般 (4)
イギリス社会 (1)
イギリス留学 (1)
社会・時事 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

Nichiai

Author:Nichiai
アイルランド留学と貿易のニチアイブログへようこそ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

参加中。記事が面白かったらぽちっと押してやってくださいね。

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード