アイルランド留学と貿易のニチアイブログ

アイルランドで留学と貿易を続けて十数年、ニチアイの現地在住スタッフがコーク市からお届けする、アイルランド情報ブログ。 現地在住エージェントならではのニュースを発信します。

2018-10

★ ニチアイについて ★
  ニチアイは、アイルランドに本社を置く留学・貿易を扱う会社です。留学部門では特色ある語学学校と提携、アイルランド留学ワーキングホリデーイギリス留学マルタ留学を扱い、日本での説明会も行っています。貿易分門では年末ギフトとしてアイルランド特産のスモークサーモンを毎年日本にお届けし、好評を得ています。そんなニチアイのホームページはこちら
★ 最新ニュース ★
①アイルランドであなたのパソコンが簡単に繋がる!インターネット・モデムレンタル好評実施中
②留学やワーキングホリデーでのアイルランド到着のスタート、ダブリン空港到着時は、日本人による送迎サービスをご利用下さい。短期宿泊も可能です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨール(Youghal)の壁

Youghal と書いて、ヨールと読みます。イーストコークではミドルトンと並ぶ主要な町。コークからバスで1時間弱で着きます。

当社はコーク市にあるため、いらっしゃった方から「コークから半日ないし一日でどこか行くならどこがいいでしょう」と、良く質問されます。車がない前提で言うと、初めての方で無難な選択肢としては、ブラーニー、コーヴ、キンセールあたりが普通は出てきますが、その次ぐらいに、ここはどうでしょう、と言うなら、ヨールもなかなかいいと思います。

一応の町ですが、室内で楽しめるような所は多くないので、やはり天気のいい日に行きたいですね。ビーチもいいですが、丘を上がっていくと、かつて町の三方を取り囲んだ中世の町壁が残っています。四方ではなく、三方なのは、一方は海だからです。こういう壁はアイルランド各地に断片的に残存していますが、その中でも一番長く残っているのが、ここヨールの壁だそうです。城壁、と訳す人もいますが、町を取り囲んでいた壁ですので、城というわけではないですね。英語では Town Wall です。町壁なんていう日本語は無いかもしれませんが、そういう壁です。

ヨールの町壁

ワンくんが立っている所は、壁の外側になります。中世はここから壁の中の町へ入るには、城門を通らなければならず、チェックがあって誰でも入れなかったみたいなので、関所みたいなものですね。その門の一つが今も町の入口にあって、下を普通に車がくぐっています。古い門ですが、今も頑丈で、ヨールの町がアイルランドから独立すれば、そのまま入国審査の場所として使えそうです。

鵜飼

テーマ:アイルランド - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ireland32.blog63.fc2.com/tb.php/314-456198aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

最新記事

カテゴリ

未分類・その他 (10)
アイルランドの食事と飲み物 (53)
アイルランドの交通 (23)
アイルランドの社会 (37)
アイルランドの生活 (79)
アイルランドの物産 (8)
アイルランドの旅行と風景 (69)
アイルランドのイベント (16)
アイルランドの英語と留学 (15)
アイルランドの気候 (27)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

Nichiai

Author:Nichiai
アイルランド留学と貿易のニチアイブログへようこそ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

参加中。記事が面白かったらぽちっと押してやってくださいね。

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。