アイルランド留学と貿易のニチアイブログ

アイルランドで留学と貿易を続けて20年あまり、ニチアイの現地在住スタッフがコーク市からお届けする、アイルランド情報ブログ。 現地在住エージェントならではのニュースを発信します。

2020-10

★ ニチアイについて ★
  ニチアイは、アイルランドに本社を置く留学・貿易を扱う会社です。留学部門では特色ある語学学校と提携、アイルランド留学ワーキングホリデーイギリス留学マルタ留学を扱い、日本での説明会も行っています。貿易分門では年末ギフトとしてアイルランド特産のスモークサーモンを毎年日本にお届けし、好評を得ています。そんなニチアイのホームページはこちら

Ballymaloeの魅力1

その昔(?)はイギリスと並んで「美味いものなし」と言われた(らしい)アイルランド。
ですが、そんなアイルランドには今、とても有名な料理学校があります。

その名は、Ballymaloe Cookery School。

ダリナ・アレン女史という非常に有名なシェフを校長に持つこの料理学校に、女史のテイストと技術を学びたいという生徒が、ヨーロッパをはじめ世界各国から毎年大勢訪れます。
先日私も、その学校にちょこっとお邪魔してきました。
その様子を、2回にわたってレポートしたいと思います。

まずBallymaloeを訪れる人が初めにたどり着くのは、料理学校ではなくゲストハウスでしょう(地理的に)。この学校およびゲストハウスはコーク郊外にあり、交通手段は車、さもなければ本数の多くないバスです。多少不便な立地ですが、だからこその環境と、また後で紹介させていただくガーデンを持つことが可能となっています。

そんなBallymaloeは上記の通りゲストハウスも要しており、ここではもちろんその素晴らしい料理を頂くことができ、なおかつカントリーサイドの魅力を存分に味わう滞在が可能です。
そして建物は、なんとも風情たっぷり。
ツタを這わせたファームハウスです。
DSC01169.jpg
DSC01170.jpg
この日も多くの人が滞在していた様子。

ハウスの外にはガーデン、ミニゴルフコース、夏には屋外温水プールまで!
他、自転車レンタルや子供が遊ぶための設備など、多くが提供されます。
また、ショップもあり、数多くのキッチンウェアやバリーマルーブランド食材を購入することが出来ます。可愛いアイテムばかり揃っていました。
目移りしてしまって写真を撮るのを忘れていたのが一生の不覚…

私は泊りに行ったわけではないので、中には入れないかな?と思っていたら…ゲストハウスの門が開いてる!?笑
ということで、こっそり入って写真だけ撮ってきちゃいました。

DSC01176.jpg
サンルームが並んでいます。
ピンクの壁が可愛く、またウェルカムな雰囲気を持っています。
DSC01179.jpg
お部屋の中は暗くて撮れませんでしたが、全てが綺麗で可愛らしい!!
DSC01182.jpg

行き届いたケアの中で、現実を離れた優雅な滞在が出来ることが、お部屋を見ただけで想像できました。もちろん午後にはアフタヌーンティーがオーダー出来ますよ。
少しお値が張るけど…1回は宿泊してみたいっ!

Ballymalloe House
■URL: http://www.ballymaloe.ie/index.html

次回は、料理学校をご紹介。 大杜

テーマ:アイルランド - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ireland32.blog63.fc2.com/tb.php/57-a854b7a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

未分類・その他 (12)
アイルランドの食事と飲み物 (55)
アイルランドの交通 (25)
アイルランドの社会 (38)
アイルランドの生活 (79)
アイルランドの物産 (9)
アイルランドの旅行と風景 (69)
アイルランドのイベント (16)
アイルランドの英語と留学 (31)
アイルランドの気候 (27)
キプロス留学 (1)
ニチアイについて (3)
留学説明会 (5)
マルタ留学 (2)
留学一般 (4)
イギリス社会 (1)
イギリス留学 (1)
社会・時事 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

Nichiai

Author:Nichiai
アイルランド留学と貿易のニチアイブログへようこそ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

参加中。記事が面白かったらぽちっと押してやってくださいね。

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード