アイルランド留学と貿易のニチアイブログ

アイルランドで留学と貿易を続けて20年あまり、ニチアイの現地在住スタッフがコーク市からお届けする、アイルランド情報ブログ。 現地在住エージェントならではのニュースを発信します。

2020-10

★ ニチアイについて ★
  ニチアイは、アイルランドに本社を置く留学・貿易を扱う会社です。留学部門では特色ある語学学校と提携、アイルランド留学ワーキングホリデーイギリス留学マルタ留学を扱い、日本での説明会も行っています。貿易分門では年末ギフトとしてアイルランド特産のスモークサーモンを毎年日本にお届けし、好評を得ています。そんなニチアイのホームページはこちら

夏至

この写真は、6月22日、午後10時32分に、コークの駅前で撮りました。写真の正面が西の方角です。

コーク駅前22時32分

カメラは自動的に露出補正が働くので、実際の暗さを忠実に表現するのは難しいですが、大体こんな感じかというレベルに調整してみました。ライトの灯りとのバランスでも想像できるでしょう。

今年の夏至は21日だったのでした。しかし、ご存知と思いますが、夏至の日が一年で一番、夜明けが早くて日没が遅いというわけではありません。今年のコークの場合、このようになっています。

 日の出が一番早い → 6月13日?21日 5時14分
 日の入が一番遅い → 6月23日?26日 21時58分

そして、夏至の日とその翌日(この写真を撮った日)の日の入は、21時57分でした。

まあいずれにしても、遅いですね。アイルランドはグリニッジ時間を採用していながら、それよりかなり西に寄っているため、もともと夜明けは遅いです。しかも夏時間でそれをさらに1時間、ずらしていますから、緯度が高いにもかかわらず、夜明けの時刻はちっとも早くありません。その分、日没は思いっきり遅いです。参考までに、同じ日の東京は、日の出が4時26分、日の入が19時00分です。

アイルランドの夏の楽しみの一つが、日本では味わえないこの日没の遅さを満喫することです。東京より3時間も遅いです。しかも、緯度が高ければ高いほど、日の入時刻を過ぎても明るさが残っている時間が長いのです。現に、この写真も、日没時刻より35分後に撮っているわけですが、西の空はまだ結構明るいです。東京では日没が19時ちょうどだとして、19時半の空はもう真っ暗でしょう。

皆様も是非、この時期のアイルランドにいらして、明るい夜を実感してみて下さい。

鵜飼

テーマ:アイルランド - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ireland32.blog63.fc2.com/tb.php/62-b3dad091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

未分類・その他 (12)
アイルランドの食事と飲み物 (55)
アイルランドの交通 (25)
アイルランドの社会 (38)
アイルランドの生活 (79)
アイルランドの物産 (9)
アイルランドの旅行と風景 (69)
アイルランドのイベント (16)
アイルランドの英語と留学 (31)
アイルランドの気候 (27)
キプロス留学 (1)
ニチアイについて (3)
留学説明会 (5)
マルタ留学 (2)
留学一般 (4)
イギリス社会 (1)
イギリス留学 (1)
社会・時事 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

Nichiai

Author:Nichiai
アイルランド留学と貿易のニチアイブログへようこそ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

参加中。記事が面白かったらぽちっと押してやってくださいね。

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード